クラスターが発生した静岡県御殿場市のキャバクラ店について、静岡県は21日、これまでに店の関係者52人のPCR検査を実施し、8人が陽性だったことを明らかにしました。また、この8人の濃厚接触者とされた人の中で、1人が陽性だったということです。

52人を検査8人が陽性 2次感染も1人

 クラスターが発生した静岡県御殿場市のキャバクラ店について、静岡県は21日、これまでに店の関係者52人のPCR検査を実施し、8人が陽性だったことを明らかにしました。また、この8人の濃厚接触者とされた人の中で、1人が陽性だったということです。

御殿場駅周辺の「夜の店」に再度休業要請

画像: 御殿場駅周辺の「夜の店」に再度休業要請

静岡・御殿場市

 クラスターの発生を受けて御殿場市は17日、今月31日まで御殿場駅周辺にあるバーやキャバレー、ナイトクラブに休業要請することを決めています。休業した店は、店舗面積に応じ最大で30万円の協力金が支払われます。  また、休業期間中の店舗には、従業員への指導の徹底や来客名簿の作成、アクリル板の設置などを求め、さらに感染対策を強化するということです。

御殿場市長「withコロナ実現のための2週間に」

画像: 御殿場市長「withコロナ実現のための2週間に」

御殿場市 若林洋平市長

御殿場市 若林洋平市長:「今回の件(クラスター)を検証した上で、改めて接待を伴う店について、しっかり対策する時間をとることが一番重要。(対策を)やっている店、やっていない店、うちはこれをやっているけれど、うちはやっていないということが、業界の中でばらつきがないように。しっかり対策をとって、ぎりぎりまでこれ以上できないというところまで頑張ってもらって、安全を確立させて、安心して(客に)来てもらう体制を作らないと、withコロナには絶対ならない。withコロナを実現させるための2週間」

This article is a sponsored article by
''.