J1エスパルスは13年ぶりとなる横浜FCとの対戦。

 エスパルスは横浜FCに1点リードを許して迎えた前半44分。ヘナトが素早いプレスでボールを奪うと後藤・ヘナトとつないでスルーパスに抜け出した金子。3試合ぶりのゴールで同点とします。しかし前半終了間際に失点すると後半立ち上がりにも失点し、2点のビハインド。
試合終了間際にキャプテン・竹内が狙いすましたミドルシュートを突き刺し1点を返しますが2対3で敗れリーグ戦2連敗です。
竹内選手:「自分たちが目指すものとは遠い内容だった、相手どうこうではなく自分たちに問題がある失点だと思う。そこは個人とチームのどちらの面からもアプローチして改善しなければいけない」
清水エスパルス 2-3 横浜FC

This article is a sponsored article by
''.