静岡県内で新たに12人の新型コロナウイルス感染者が明らかになりました。そのうちの1人は再検査で「陽性」が判明しました。
画像1: 0827yE vimeo.com

0827yE

vimeo.com

静岡市が発表した3人の感染者のうち1人は、おとといクラスターと認定された市内の会社の関係者です。この会社では22日に派遣社員の男性(30代)の陽性が判明した後、濃厚接触者として同僚20人がPCR検査を受けた結果、5人が「陽性」、15人が「陰性」でした。その後、陰性だった1人を再び検査したところ、「陽性」が判明したということです。
 市は再検査した理由などの詳細を、あす以降に説明するとしています。
 また、静岡県は新たに富士宮市や掛川市などに住む9人の感染を明らかにしました。
 このうち8人は、すでに感染が判明していた県外の友人らと接触した際に感染したとみています。
 残りの1人、伊東市に住む男性は発症前の14日間で県外への移動がなく、感染経路はわかっていません。

This article is a sponsored article by
''.