静岡県富士市では、今、話題のストリートピアノが登場し、注目されています。

 ストリートピアノは、今回、富士川楽座の20周年記念事業として置かれるもので、きのう、完成披露会が行われました。

 空間演出を手掛けたのは、富士市出身のイラストレーター・サノユカシさんで、富士山がやさしく見守っている様子が描かれています。

 完成披露会では、同じく富士市出身の歌手・結花乃さんが、ピアノの演奏に合わせ、「ふるさと」と自身の代表作「きんぎょすくい」を披露しました。

 今後は、ストリートピアノとして、誰でも自由に弾くことができるということです。

This article is a sponsored article by
''.