静岡地方裁判所に新しい所長が就任し
抱負を語りました。

 5日付で静岡地方裁判所の所長に就任したのは
伊藤雅人(57)所長です。

 北海道出身の伊藤所長は東京地裁判事部総括や
最高裁上席調査官を歴任しました。

 最大の課題として、新型コロナ感染拡大により
期日取り消しなど縮小していた業務体制を通常
に戻すことを挙げ、
「多くの人がなるほどと思ってもらえるような
常識的なバランスの取れた判断することを目標に
していきたい」と話しました。
 また、県民に対して「裁判員の候補に選ばれた時
には、積極的に参加して欲しい」と呼びかけました。

画像: 静岡地裁

静岡地裁

This article is a sponsored article by
''.