30日夜、静岡県磐田市の警察署の玄関で、農薬が入ったビンを投げて割ったとして、自称・農業の男が逮捕されました。
画像: 警察署の玄関で農薬が入ったびんを投げて割った疑い 自称農業の39歳男を逮捕 静岡・磐田市

磐田警察署

 30日夜、静岡県磐田市の警察署の玄関で、農薬が入ったビンを投げて割ったとして、自称・農業の男が逮捕されました。  建造物侵入と威力業務妨害の疑いで逮捕された磐田市の自称・農業の39歳の男は、30日午後8時50分ごろ、磐田警察署の玄関付近で、農薬の入ったビンを投げて割り、警察の業務を妨害した疑いがもたれています。
 当時、付近にいた人が目やのどの痛みを訴え、病院に搬送されましたが、軽症とのことです。
 警察は男が容疑を認めているか明らかにしておらず、犯行の動機などを調べています。

This article is a sponsored article by
''.