覚せい剤を使用したとして川崎市に住む無職の男が逮捕されました。静岡県警高速隊が保管していた車が盗まれた事件にも関与したとみられています。
画像: 静岡県警高速隊

静岡県警高速隊

 川崎市の無職の49歳の男は先月下旬、静岡や東京、神奈川で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

 捜査関係者によりますと、男は先月30日、車で静岡県警高速隊を訪れ、「あおり運転をされた」と相談した際、言動に違和感があったため尿検査をした結果、覚醒剤が検出されました。男はこの時、無免許運転だったため、高速隊が車を預かりましたが、その車が盗まれていました。

 その後、大阪府警が車に乗っていた男を見つけ、無免許運転の疑いで逮捕したということです。  警察は容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.