下田市の病院では新型コロナに感染したかどうか短い時間で判定できる「抗原検査」の体制が整いました。
画像1: 0903yF vimeo.com

0903yF

vimeo.com

 新型コロナの感染者を受け入れる指定医療機関となっている下田市の下田メディカルセンターに抗原検査の機器一式が導入され運用が始まりました。
 抗原検査は、PCR検査と比べて短時間で済むことがメリットです。PCR検査では検体の輸送を含めて2日かかりますが、抗原検査は検体採取後1時間ほどで結果が判明します。
感染が疑われる救急患者や観光客ら早く検査結果を出したいときに特に有効とされ、医療スタッフの感染防止などへの役割が期待されています。

This article is a sponsored article by
''.