新型コロナウイルスの軽症者を受け入れる宿泊療養施設として、静岡県が新たに裾野市の民間ホテルを借り上げることで事業者と合意したことがわかりました。
画像: 静岡県庁

静岡県庁

静岡県は新型コロナの軽症者の療養施設として、これまでに静岡市の民間ホテルと浜松市にある企業の研究所の2カ所で、約220室を確保しています。
 関係者によりますと、県は新たに裾野市の民間ホテル1棟を借り上げる方向で事業者と合意したということです。
 軽症者の受け入れ施設は県内で3カ所目、県東部では初めてです。
 ホテルには150室ほどあり、県は来週までを目安に地元との最終調整を進めています。
 3日正午時点で、軽症者の療養施設を利用しているのは県全体で4人です。

This article is a sponsored article by
''.