梅雨前線による7月豪雨など一連の災害の、静岡県内の農林水産業への被害額が、25億6000万円に上ることがわかりました。
画像1: 0905hb vimeo.com

0905hb

vimeo.com

 梅雨前線による7月豪雨など一連の災害の、静岡県内の農林水産業への被害額が、25億6000万円に上ることがわかりました。
 対象となっているのは、6月から7月にかけての梅雨前線による雨の被害です。
 静岡県によりますと、農作物への被害やビニールハウスの倒壊など農業に関連した被害額は1800万円。
 畑の土砂が流出したり、水路が崩壊したりといった農地や農業用施設の被害額は2億1300万円だということです。
最も被害が大きかったのは林業で、林道の崩落や山の斜面が崩れるなど100件余りの被害が確認され、被害額は23億3300万円に上りました。
 県は国や県の制度を活用し、復旧に向けて支援していく方針です。

This article is a sponsored article by
''.