静岡県は新型コロナの対策費などを盛り込んだ一般会計28億円の補正予算案をまとめました。今年度の新型コロナ関連予算は、これで1188億円となります。
画像1: 0910YE.mp4 vimeo.com

0910YE.mp4

vimeo.com

 静岡県は新型コロナの対策費などを盛り込んだ一般会計28億円の補正予算案をまとめました。今年度の新型コロナ関連予算は、これで1188億円となります。

 9月の補正予算案には、クラスターが発生した時のPCR検査拡充や医療用ガウンを県内で生産する態勢づくりなどに4億3300万円を計上しました。

 また、オンラインを活用した移住説明会の開催など、新しい生活様式を踏まえた取り組みに4億5700万円、山梨、長野、新潟と連携した地域経済活性化などに6億5700万円を盛り込みました。
 一方、新型コロナ感染拡大によるイベントの中止や事業見直しなどで,24億6700万円を削減しました。
 これにより、今年度の新型コロナ関連予算は総額1188億円2300万円となりました。

This article is a sponsored article by
''.