きょう午後6時ごろ、静岡朝日テレビが浜松市内に設置している情報カメラで、竜巻と見られる雲を撮影しました。

画像1: 0910YM vimeo.com

0910YM

vimeo.com

発達した積乱雲から雲が伸び、海水を巻き上げているように見えています。県内では去年8月に三島で、去年12月に掛川で竜巻における建物の被害が発生しています。今回は幸いにも海上で発生、竜巻の寿命は長くて十数分のため、陸地に上陸の可能性は低いと考えられます。

しかし大気の不安定な状況が続き、新たな竜巻や雷、突風に注意が必要な状況が続きます。

天気急変のサインは「雷がゴロゴロ鳴り始める」「灰色の雲」「急に冷たい風が吹き始める」

竜巻などの激しい突風や落雷から身を守るために、すぐに屋内へはいりましょう。窓のカーテンを閉めて、なるべく窓のない部屋に身を寄せましょう。

あすの天気ポイント 「変わりやすい空模様」県内は断続的に雨雲が流れ込みます。

あすの天気図

秋雨前線の南側、湿った空気の流入で急な雷雨に注意。南の海上には熱帯低気圧が発生。

いまのところ台風に発達とまではならない予想ですが、今後北上して、土曜~日曜に県内に活発な雨雲を流し込む可能性があります。秋雨前線は週末に南下、来週は秋のカラっとした空気が入るでしょう。

予想気温

日が差す時間もあり蒸し暑くなるでしょう。最高気温は浜松、三島32℃、静岡31℃。

週間予報

金曜日の日中は晴れ間がありますが、午後は雨が降りやすいでしょう。土曜から日曜は秋雨前線の影響で天気がぐずつき、一時的に雨脚が強まることもありそうです。月曜日も雨予報ですが、次第に天気が落ち着いてきます。火曜日は乾いた空気が入り、カラっとした陽気となりそうです。

あすも天気の急変のおそれがあります、灰色の雲に注意しましょう。

This article is a sponsored article by
''.