沼津市出身でアテネオリンピックの金メダリストの室伏広治さんがスポーツ庁長官に就任することになりました。

室伏広治氏:
「魅力あるスポーツがたくさんある。学びながらやっていきたい。心を伴わせていき感動していただけるようなスポーツ界にしていきたいと思っている」

 沼津市出身の室伏さんは、今月末に任期満了を迎える鈴木大地長官の後任として、来月1日付で就任します。
陸上男子ハンマー投げで2000年から4大会連続でオリンピックに出場し2004年のアテネ大会では金メダルを獲得。
2012年のロンドン大会でも銅メダリストを手にしました。
4年前に引退し現在は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のスポーツディレクターとして競技日程の調整などにあたっています。

This article is a sponsored article by
''.