同居する義理の祖母に暴行を加えけがをさせたとして、航空自衛隊浜松基地の自衛官の男が逮捕されました。

 航空自衛隊浜松基地所属の自衛官の男(42)は、おととい午後10時ごろ浜松市内の自宅で同居する義理の祖母(87)の頭を押さえ揺さぶるなどし、首に全治1週間のけがを負わせた疑いが持たれています。
きのう妻が警察に相談し、犯行が発覚しました。

警察によりますと、自衛官の男は去年12月にも義理の祖母を暴行したとして警察が警告していました。

浜松基地は「自衛隊の信頼を損なう行為。隊員に対する指導を徹底し再発防止につとめたい」とコメントしています。

画像: 浜北警察署

浜北警察署

This article is a sponsored article by
''.