食欲の秋です。牧之原市の保育園児が栗拾いを楽しみました。

1万5000平方mあるこの観光栗園には、国見や丹沢など6品種300本以上が植えられています。きょう一般向けにオープンするのを前に、地元の菅山保育園の園児を招待しました。

子どもたちはとげとげのいがを恐る恐る触りながら、袋いっぱいになるまで拾い集めていました。

●園児:「くりご飯にして食べる。楽しみ」
●園児:「もう食べきれない」

今年の栗は長梅雨と猛暑の影響で生育が遅れ、実は小ぶりですが甘味は上々だということです。

画像: 栗拾いをする保育園児たち

栗拾いをする保育園児たち

This article is a sponsored article by
''.