J1清水エスパルスは、第16節を終えて17位から最下位に転落した。最下位だった湘南ベルマーレが13日、ガンバ大阪に1-0で勝利したため、勝ち点9で清水と並ぶも、得失点差で上回り17位に浮上した。

 清水は、12日の鹿島アントラーズ戦で1996年以来24年ぶりの6連敗を喫し、同年のクラブワースト7連敗にリーチがかかっている。チーム改革の途中でクラモフスキー監督は「旅をしていれば、良い時も悪い時がある」と話しているが、サポーターも不満は高まり、ネット上では監督やクラブへの批判コメントが相次いでいる。

画像: 鹿島アントラーズ戦後、観客に頭を下げる清水エスパルスの選手たち

鹿島アントラーズ戦後、観客に頭を下げる清水エスパルスの選手たち

This article is a sponsored article by
''.