交通トラブルとなった男性を車で引きずり殺害しようとした疑いで、けさ浜松市職員の男が送検されました。
画像: 浜松中央署

浜松中央署

殺人未遂の疑いで送検されたのは、浜松市の健康福祉部 介護保険課・主任の男(38)です。

 男は、おととい浜松市中区の国道で市内に住む男性(46)を車で引きずり殺害しようとした疑いが持たれています。
警察によりますと、男の車の前に男性の車が割り込んだとして言い争いになったということです。
その後、男が車を蹴って立ち去ろうとしたため、男性が運転席のドアに手をかけたところそのまま発進し数メートル引きずったということです。
男性は腕や足に擦り傷を負う軽傷です。警察は男が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.