静岡空港の先月の搭乗者数は、7月に続いて1万人を超えました。国内線では徐々に回復の兆しが見える一方、国際線は依然として全便欠航が続いています。
画像1: 0917ha vimeo.com

0917ha

vimeo.com

 静岡県によりますと、先月の搭乗者数は国内線の1万4822人で、7月から4496人増えました。新型コロナの影響で、去年の同じ時期と比べると6万7500人余り減っていますが、GoToトラベルキャンペーンや、国内線の一部の路線が運航を再開したことなどから、過去最低だった5月の733人以降、毎月、増加しています。
 一方、国際線は全便欠航が続き、再開のめどは立っていません。

This article is a sponsored article by
''.