長泉町で妹の遺体を放置したとして40歳の兄が逮捕されました。
画像: 長泉町の自宅

長泉町の自宅

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、横浜市のタクシー運転手の男(40)です。
裾野警察署によりますと男は、実の妹(当時36)が長泉町下土狩の自宅で亡くなっていたのを知りながら、そのまま放置した疑いがもたれています。

 近所の住民が「ここ数年、妹さんの姿を見ていない」と警察に通報して事件が発覚し、自宅の2階で白骨化した遺体を警察官が発見しました。
実の妹はおととしの2月まで生存が確認されていたということです。
警察は、妹の死因を調べていますが、下山容疑者が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

This article is a sponsored article by
''.