死因は病死とみられています。妹の遺体を2年以上、放置したとして40歳の男が逮捕されました。
画像: 死因は病死か 妹の遺体を放置した疑いで40歳の兄が逮捕 静岡・長泉町

 死体遺棄の疑いで逮捕された横浜市のタクシー運転手の男(40)は
妹(当時36)が長泉町下土狩の自宅で死亡していたのを知りながら
そのまま放置した疑いが持たれています。

 14日に近所の住民から「ここ数年、妹さんの姿を見ていない」と通報を受けた警察が、自宅の2階で白骨化した遺体を発見しました。
捜査関係者によりますと妹は、おととしの2月まで生存が確認されていて、その時期までは男と一緒に住んでいました。
妹の遺体に骨折の跡などはなく、行方が分からなくなる直前には
体調を崩していたという情報もあることから病死した可能性が高いということです。

 男が容疑を認めているかどうか明らかにされていません。

This article is a sponsored article by
''.