長いトンネルから抜け出しました。J1清水エスパルスが、おととい9試合ぶりの白星を手にし、J1通算400勝を達成しました。

 最下位に低迷し、負ければクラブワーストの8連敗となるエスパルス。J1通算400勝に王手をかけてから足踏みが続いています。

 前半22分、速いパスワークで湘南のゴール前に迫り、ドゥトラ。しかし、ファウルと判定されてノーゴール。

 35分にも金子のクロスにカルリーニョスが合わせますが、ネットを揺らすことができません。

 嫌なムードを変えたのは後半9分、中村が右サイドに展開。ボールを受けた後藤がタイミングを計ってカルリーニョスへ。鮮やかな攻撃で9試合ぶりの先制点をあげます。

 球際でも激しさを見せるエスパルス。
41分、ドゥトラが競り合いからボールを奪い、ドリブルで持ち込むと、相手ディフェンスの動きを見ながらシュート。今シーズン初ゴールを決めます。

 エスパルスの勢いは止まらず、アディショナルタイムにも西沢がゴール。

 これまでのうっぷんを晴らす3得点で、連敗も最下位も脱出。Jリーグ6クラブ目となるJ1通算400勝に到達しました。

【結果】清水エスパルス 3-0 湘南ベルマーレ

清水エスパルス ドゥトラ:「無失点で終われたし、3得点とれたということなので、いい試合できた。これからもっと大きい目標に向けてがんばりたい」

一方、J2のジュビロ磐田はホームで栃木に2対3で敗れました。

This article is a sponsored article by
''.