シラス漁で有名な静岡市の用宗漁港は漁の休止を決めました。普段は1本のロープで船を固定していますが、きょうは2本のロープを使って岸壁から離れた場所につないでいます。
画像: 台風に備えて 漁船は2本のロープで固定 シラス漁、きょうあす休み 静岡市 用宗漁港 youtu.be

台風に備えて 漁船は2本のロープで固定 シラス漁、きょうあす休み 静岡市 用宗漁港

youtu.be

清水漁業協同組合 用宗支所 村越浩二さん:「台風が近づいていて、海がうねって危ないということで朝、漁師が集まって、きょうあすの(しらす漁の)休みを決めた。(漁港内も)被害がないように、シラスのザルを(高い場所に)上げたり、フォークリフトを遠くに持っていったり、対策はしている」

 約50隻ある全ての船が漁に出なかったことで、漁協の直売所にも影響が出ています。

Q 「生シラスがないと人は来ない?」

清水漁業協同組合 用宗支所 山田紋那さん:「そうですね。
ある時とない時では(お客の入りに)違いは出てくる」

Q 「何を買われたんですか?」

お客さん:「釜揚げシラスとちりめんじゃこ。いつもは(生シラスを)買うんだけど。台風で船も出ないと思うで、きょうは釜揚げにした」

This article is a sponsored article by
''.