来年のセンバツに繋がる秋の高校野球は県大会準決勝。
藤枝明誠と加藤学園が対戦しました。

去年の決勝と同じカードとなった第一試合。
藤枝明誠は1点リードの3回、
1アウト満塁で6番菅井がスクイズ。
リードを広げると、
つづく萩原もタイムリー2ベース。
この回5点をあげ加藤学園を突き放します。
藤枝明誠のエース小林は、2年連続のセンバツをめざす加藤学園打線から
13奪三振。1失点完投で東海大会出場を決めました。

【藤枝明誠・小林輝投手】
「甲子園に行くというのが目標なのでここで満足せず、
 あしたもしっかり勝って、県1位で東海大会に行きます。」

もう1試合は、常葉大菊川が三島南にコールド勝ち。
決勝と3位決定戦はあす行われます。

画像: 力強いフォームで打者に向かう藤枝明誠のエース小林輝

力強いフォームで打者に向かう藤枝明誠のエース小林輝

This article is a sponsored article by
''.