新型コロナウイルス感染対策と社会経済活動の両立に向け、全国知事会で国への緊急提言が話し合われました。

 きのう26日の会議では新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、医療態勢の整備支援など、国への緊急提言について議論されました。
川勝知事は一貫して訴えているワクチン開発について意見しました。

静岡県 川勝平太知事:「開発の資金の不足しているので、我が国の製薬会社や研究機関に対して、大胆な資金投入を行うことで、製品化を我が国が率先して実現し、国際貢献の責務を果たすべきである」

 また、会議では観光産業の回復のため、GOTOトラベルキャンペーンを継続することや地方財政への支援を国に求めることも議論されました。

画像: 全国知事会にオンラインで参加した静岡県の川勝平太知事(手前)

全国知事会にオンラインで参加した静岡県の川勝平太知事(手前)

This article is a sponsored article by
''.