高校野球秋の静岡県大会は、センバツにつながる東海大会の出場がかかった3位決定戦、三島南と加藤学園が最後の1枠をかけて対戦しました。

 1回表三島南はツーアウト3塁で4番、小堂のレフトへのタイムリーツーベースで1点を先制します。
 加藤学園は2回ウラに同点に追いつくと、4回ウラに先頭の6番雨宮がホームラン、この一発で1点を勝ち越します。
 5回にも4番佐野の犠牲フライなどで3点を加え、リードを広げます。
 三島南もその後1点を返しますが、加藤学園が5対2で逃げ切り、来月24日から行われる東海大会への出場を決めました。
勝ち越しホームラン 雨宮快成選手:「自分たちの野球を貫き通して、甲子園の切符を勝ち取れるよう勝ちにこだわっていきたい」
 藤枝明誠と常葉大菊川の決勝は、藤枝明誠が3回表に一挙8得点を挙げるなど猛打で圧倒し、16対2で藤枝明誠が勝利。2年連続で秋の県大会を制しました。

画像: 勝利に歓喜する加藤学園ナイン

勝利に歓喜する加藤学園ナイン

This article is a sponsored article by
''.