県とJR東海の対立が続くリニア中央新幹線問題。
県議会ではきょうも県の交渉姿勢をめぐって論戦が交わされました。
画像: 「知事のけんか腰の交渉が気になる」県議会で自民党県議が指摘 youtu.be

「知事のけんか腰の交渉が気になる」県議会で自民党県議が指摘

youtu.be

質問に立ったのは、最大会派・自民改革会議の西原明美県議。
南アルプスのリニア工事によって水量減少が懸念される大井川流域の藤枝市選出です。

西原明美県議
「JR東海に意見、要求するばかりではなく、問題解決に向けて、県からも具体的に
どのような対策を取ればよいかJR東海に積極的に示していくべきと考えますが、
知事の考えをお伺いいたします」

リニア問題における川勝知事の発言を念頭に置いた質問でしたが、答弁に立ったのは難波副知事。

難波喬司副知事
「JR東海は自らの考えを相手方に理解させようとする説得型になっており、流域住民のみなさまに
よりそった説明になっておりません」
「どのような対策をとればよいかの前に行うべきは、どのような影響が出る恐れ、リスクがあるかを
明らかにすることです」

西原県議
「大井川の水は一滴たりとも渡さないという強弁な知事の姿が頼もしく見える反面、知事のけんか腰の交渉も気になりますというものもあります」
「全国のみなさまにも静岡県の立場、それぞれが理解してもらえるように強く要望します」

難波副知事は今週金曜に都内の日本記者クラブで会見し、リニア問題について県の見解を説明する予定です。

This article is a sponsored article by
''.