静岡県の調査で、小学6年生の3割にネット依存リスクがあることがわかりました。新型コロナウイルスの感染拡大が影響した可能性があります。
画像: 小学6年生の3割が「ネット依存」 静岡県調査 youtu.be

小学6年生の3割が「ネット依存」 静岡県調査

youtu.be

 静岡県の調査で、小学6年生の3割にネット依存リスクがあることがわかりました。新型コロナウイルスの感染拡大が影響した可能性があります。

 県は小学6年生を対象にネット依存度を調べるスクリーニングテストを実施しました。対象となった945人中、3割余りの310人が、ネット依存のリスクがあると判定され、そのうち41人は専門の医療機関による援助が必要とされる「高リスク」に該当する結果でした。長時間の利用やSNSへの依存度が高い傾向が確認されたということです。
 県は新型コロナ対策の緊急事態宣言の影響で、「休校や外出自粛により、児童がネットを見る時間が増えた可能性がある」として、家庭でのルール作りなどもみも1対策を呼び掛けています。

This article is a sponsored article by
''.