伊東市の大室山では昨夜花火大会が行われ
集まった見物客を  楽しませていました
画像: 新型コロナの収束祈り大室山山頂で花火大会 youtu.be

新型コロナの収束祈り大室山山頂で花火大会

youtu.be

花火大会は伊東温泉の秋花火の一環として
伊東市と観光協会が新型コロナ感染症の
早期収束を願い、
行動自粛を余儀なくされている
市民への激励を込めて開いたものです。
山頂での花火大会は初めてとあって
午後6時の登場開始前から
リフト乗り場には行列が出来ていました。
午後8時から15分間750発が打ち上げられ
フィナーレには空中ナイアガラが
打ち上げられました。
山の稜線を描き出す音と花火の競演が
およそ600人の見物客を楽しませていました。

This article is a sponsored article by
''.