10代の少女を車で連れ去り監禁したとして逮捕された静岡県富士市の教師の男は、静岡県沼津市の中学校で教頭を務めていることが分かりました。

 未成年者誘拐などの疑いで逮捕・送検された沼津市の市立中学校の53歳の教頭は先月下旬ごろ、県東部で10代の少女を車に乗せて誘拐し、車の中に監禁した疑いがもたれています。

 警察によりますと、少女の親が「娘が帰宅しない」と警察に通報して、事件が発覚しました。少女は警察に保護され、けがはありませんでした。少女の話から教頭の関与が明らかになったということです。

 警察は被害者保護の観点から、2人の関係性や犯行の詳細について明らかにしていません。

 沼津市教育委員会の奥村篤教育長は「市民の皆様の学校教育に対する信頼を著しく失うものであり、深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

 静岡県によりますと、県内の公立学校で逮捕された教師は今年度になって4人目で、昨年度よりすでに1人多くなっています。

This article is a sponsored article by
''.