低迷が続くJ2ジュビロ磐田にガンバ大阪の遠藤保仁選手が今シーズン末までの期限付きで移籍することが決まりました。

 J1通算史上最多の641試合出場の遠藤保仁選手。日本代表でも
2006年ドイツ大会から三大会連続でワールドカップに出場しました。ジュビロJ1昇格への起爆剤として期待がかかります。

遠藤保仁選手:
「新しいチャレンジをしたいという思いと試合をたくさん、出場時間も含めてたくさんゲームに出たいっていうそういう思いが強くあった中での移籍だと思います。まずはサッカー自体を楽しむことと、あとは何でしょう、20年ぶりの移籍なので新人の時の気持ちは忘れずにやっていきたいと思います」

遠藤選手はあすチームに合流する予定です。

This article is a sponsored article by
''.