俳優の杉良太郎さんが静岡県庁を訪れ、肝炎の予防と特殊詐欺の被害防止を訴えました。
画像: 杉良太郎さんが静岡県庁へ 肝炎の予防と特殊詐欺の被害防止を訴える youtu.be

杉良太郎さんが静岡県庁へ 肝炎の予防と特殊詐欺の被害防止を訴える

youtu.be

 表敬訪問は厚労省が実施している肝炎プロジェクトの一環として行われたものです。厚労省の健康行政特別参与を務める杉良太郎さんは、川勝知事と懇談し「肝炎は悪化すると肝硬変や肝臓がんになる恐れがあり早期発見が重要」と検査の必要性を説明しました。

杉良太郎さん:
「肝臓の病気というのは症状がくるしいとかいたいとか出てくるとわかるが沈黙の臓器とか昔から言われているが、肝臓は非常に怖いもの。家族のためにも早く検査をして、そして、治療に入る」

また杉さんは警察庁の特別犯罪対策監を務めていることから特殊詐欺被害の防止についても知事と話したということです。

杉良太郎さん:
「お年寄りに1人で詐欺に合わない、だまされてはいけないと。高齢者に責任を持たせるのは難しい。家族がそういったところを支える。家族の絆でだまされない」

This article is a sponsored article by
''.