強い台風14号は現在、種子島の南東にあり、北へ進んでいます。あすから進路を次第に東寄りに変え、県内にはあさっての午後、最も接近し、上陸する恐れがあります。
画像1: 【台風14号】あさって静岡県上陸の恐れも… 似ているのは2014年の台風18号

 この台風により、秋雨前線の活動が活発になり、台風接近前から県内は大雨になる見込みです。あす夕方までの24時間雨量は西部と中部で80ミリ、東部で100ミリ、伊豆で150ミリと予想されています。
 また、あすの波の高さは最大で6メートルと予想され、高波に警戒が必要です。

 今回の台風と時期や進路が似ているのが、2014年の台風18号です。6年前の10月6日、浜松市に上陸し、県内を横断した台風18号。大雨や暴風となり、各地で住宅の浸水や倒壊被害が出ました。

画像2: 【台風14号】あさって静岡県上陸の恐れも… 似ているのは2014年の台風18号

アナウンサー(静岡市清水区由比)
「コンクリートを突き破って、在来線に土砂、大量の樹木が侵入しています。かなりの威力で在来線の線路上に土砂が侵入しました」

 静岡市清水区のJR東海道線沿いでは、法面が崩れ、線路が土砂で埋まりました。由比~興津駅間の復旧には10日間。延べ900人の作業員が、ほぼ24時間態勢で工事を進めました。

 命を守り、被害を最小限に食い止めるため、最新の情報を確認し、備えを進めてください。

This article is a sponsored article by
''.