静岡県裾野市の東名CCで開催中の国内女子ゴルフツアー2020ー21第8戦スタンレーレディス第2日は、台風14号の影響によるコースコンディション不良と天候の回復が見込めないため、11日午前、競技中止を決定した。大会最終日は12日午前8時スタート予定。規定により第1日の成績で5オーバー、60位タイまでの71人が最終ラウンドに進出する。競技は36ホールに短縮され、賞金配分、加算額は75%になる。

 熱海市出身の渡邉彩香(27=大東建託)は、第1日を60位タイで終えており、ギリギリでの予選通過になった。だが、首位で1アンダーの新垣比菜ら7人とは6打差。渡邉は持ち前の爆発力で巻き返しを狙う。

画像: 60位タイから巻き返しを狙う渡邉彩香

60位タイから巻き返しを狙う渡邉彩香

This article is a sponsored article by
''.