3月、静岡県長泉町の自宅で、父親を殺害した罪に問われた男に対し、静岡地裁沼津支部は懲役9年の判決を言い渡しました。

 判決によりますと、56歳の男は3月、長泉町の中土狩の自宅で、当時86歳の父親の首を電気コードで締め付け、殺害しました。

 判決公判で菱田泰信裁判長は「突発的な犯行ではあるが、被害者が動かなくなった後も首を絞め続けるなど、強い殺意に基づくもので悪質である」として懲役9年の判決を言い渡しました。

画像: 静岡地裁沼津支部

静岡地裁沼津支部

This article is a sponsored article by
''.