浜松市の山中に高齢女性の遺体を遺棄したとして逮捕、送検された40代の男女2人について地検浜松支部は処分保留としました。
画像: 地検浜松支部

地検浜松支部

処分保留となったのは、住所不定無職の47歳の男と浜松市東区の無職の49歳の女です。2人はおととし、浜松市天竜区の山中に80代の女性の遺体を遺棄した疑いで逮捕・送検されていました。
地検浜松支部は、拘留期限のきょう2人について処分保留としました。理由は明らかにしていませんが今後も捜査を続けるとしています。

2人は亡くなった女性とその息子の口座から計25回にわたり現金およそ490万円を引き出した罪などで起訴され裁判で起訴内容を認めています。

This article is a sponsored article by
''.