静岡県の新型コロナ関係の補正予算が成立したことなどを受けて、県と政令市が、国と経済対策や雇用の支援について協議しました。
画像: アフターコロナを見据えた経済対策など協議 国と静岡県、静岡市、浜松市 youtu.be

アフターコロナを見据えた経済対策など協議 国と静岡県、静岡市、浜松市

youtu.be

 おととい行われた会議には、県と静岡市、浜松市に加え、初めて国の関東経済産業局も参加しました。会議では県議会9月定例会で、新型コロナ関係補正予算案が成立したことや、国の来年度予算の概算要求が出たことを踏まえて、アフターコロナを見据えた経済対策などについて協議しました。

 静岡県の天野朗彦経済産業部長は「県内経済は厳しい状況が続いている」とした上で、経済回復に向けた企業の新たな事業展開の支援や個人消費の喚起などに一層注力していくことを強調しました。

This article is a sponsored article by
''.