画像: 元市長が無罪を主張して再審請求 地裁浜松支部

天竜林業高校

14年前、旧天竜市の高校で起きた生徒の調査書の改ざんをめぐる贈収賄事件で元天竜市長が再審請求を行いました。 「いま元天竜市長の中谷良作さんが再審請求の申し立てのため、 地裁浜松支部入っていきます」

旧天竜市の中谷良作元市長は2006年、旧天竜林業高校に通っていた孫の調査書を大学の推薦入試で有利に働くよう改ざんしてもらう見返りに当時の校長に2006年と2007年の2回、現金合わせて20万円を渡したとして、罰金70万円の有罪判決を受けました。しかし、2014年に改ざんを教師に指示したとされる北川好伸元校長が 無罪を求めて再審を請求。その審理の中で、中谷元市長は「現金を渡したとする供述はうそだった」と証言していて、きょう、無罪を求めて浜松簡易裁判所に再審請求の申し立てを行いました。 〇 中谷良作さん(88)「痛烈に感じていることはやはり北川校長先生に対してえらい負担、精神的な負担をかけてしまった。最終的には北川先生の思いをここで白紙にしたいなという思いで今回の再審請求をした」

〇 浜松中央法律事務所 杉尾健太郎 弁護士「否認と自白を何回か繰り返しているんですね。その供述経過、その自白と否認を繰り返したというのは今までの裁判では明らかになっていませんでした」中谷元市長の弁護側は元市長の供述を鑑定した心理学の専門家の意見書などの新証拠から無罪を立証していくとしています。

〇 中谷良作さん「北川先生の思いを一日も早く晴らしてあげたいなという毎日です」

This article is a sponsored article by
''.