松田和佳アナウンサー:「こちらに並んでいる華やかなアクセサリー。これを使ってコロナ禍ならではのおしゃれが楽しめるんです」
画像1: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

松田和佳アナウンサー:「こちらに並んでいる華やかなアクセサリー。これを使ってコロナ禍ならではのおしゃれが楽しめるんです」

画像2: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

マスク姿で楽しめるファッション、「マスクベルト」が話題です。

PARTS CLUB 大石美由紀さん:「今一番人気があるのが、ここにあるような、ベルトとして使えるタイプですね。マスクを長時間着けていると、どうしても耳に当たってしまって痛いと言う方が多いんですが、それを緩和できるので、すごく人気があります」

画像3: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

 マスクの紐の両側にフックをかけるだけ。紐がほとんど耳に触れなくなるため、負担が軽いということです。

画像4: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

マスクチャーム

 こちらは、マスクチャーム。マスクの紐に掛けて、さりげないワンポイントを演出します。

 既製品もありますが、簡単に手作りすることもできます。この店では、およそ300種類のパーツを販売。自由に組み合わせて、自分だけのチャームをつくれるため、品切れが続く人気のパーツもあります。

画像5: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

松田アナ

 まずは好きなパーツを選びます。

松田アナ:「選べないくらい可愛い。夢がふくらみますね~どうしよう」

 選んだパーツ以外に必要なものは、マスクの紐にかける「引き輪」や、引き輪とパーツをつなぐ「丸カン」です。

画像6: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

手作りも…

 丸カンの間をペンチで少し開き、そこに好みのパーツを通します。あとは丸カンの隙間を再び閉じるだけ。3分ほどで出来上がり。マスクに付けてみ

画像7: コロナで変わる百貨店事情(2) マスク姿で楽しむ「マスクベルト」 静岡市

松田アナ:「マスクを付ける分、オシャレがあまり楽しめなくなっていたんですけど、チャームを付けるだけで、一気にオシャレになる感じがします」  つける場所次第で、ピアスのように見せることもできます。

PARTS CLUB 大石美由紀さん:「どうしてもマスクはシンプルな無地なものが多いと思うんですけど、そういったところに、ちょっとつけるだけで普段もともとあったアクセサリーを楽しんでいたように、ちょっと気持ちも明るくなると思う」

                           (10月9日放送)

This article is a sponsored article by
''.