<国内女子ゴルフツアー:富士通レディース>◇最終日◇千葉・東急セブンハンドレッドC西C(6659ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

 静岡県熱海市出身の渡邉彩香(27=大東建託)は、通算1オーバーの20位タイで今季第9戦を終えた。通算2オーバーの19位タイでスタートし、4番、5番と連続ボギー。しかし、7番で1つスコアを戻すと、後半の10番、11番、12番と見事に3連続バーディーを奪った。終盤17番パー3はボギーにしたが、3日間で初めてのアンダーパーとなる71でホールアウトした。
 優勝は、元世界ランク1位で通算7アンダーの申ジエ(韓国)。2位には、通算5アンダーのペソンウ(韓国)と「プレニアム世代」の古江彩佳(19)が入った。

画像: 渡邉彩香

渡邉彩香

This article is a sponsored article by
''.