静岡県袋井市で市民が水害対策を考える勉強会が行われました。
画像: 市民が段ボール製のジオラマ使い、水害対策の勉強会 静岡・袋井市 youtu.be

市民が段ボール製のジオラマ使い、水害対策の勉強会 静岡・袋井市

youtu.be

勉強会には、袋井市村松地区の住民およそ40人が参加。地元を流れる原野谷川の堤防が決壊した場合、水害が予想される危険個所や避難方法などが話しあわれました。また段ボールで作られた村松地区のジオラマを使い、氾濫する場所を確認しました。

This article is a sponsored article by
''.