12月の静岡県焼津市の市長選挙に県内の医療機関に勤務する30歳の医師が立候補する意向を固めたことが、関係者への取材でわかりました。
画像: 静岡県焼津市長選に30歳の医師が立候補の意向 在宅医療の充実など訴え youtu.be

静岡県焼津市長選に30歳の医師が立候補の意向 在宅医療の充実など訴え

youtu.be

 関係者によりますと任期満了に伴う12月の焼津市長選に立候補の意向を固めたのは医師の西田秀氏、30歳です。西田氏は鹿児島県霧島市出身。東京大学医学部卒業後、焼津市立総合病院を経て、現在は都内や県内の医療機関に勤務しています。

 ▼在宅医療の普及など医療・福祉の充実や▼市役所のデジタル化を訴える考えです。

 焼津市長選には他に、3期目を目指す現職の中野弘道市長(63)が立候補を表明しています
 市長選は12月6日告示、13日投開票です。

This article is a sponsored article by
''.