静岡市葵区の「静岡おまちバル実行委員会」も、「GoTo商店街」の補助事業に選出されました。提案したのはコロナ禍で奮闘する飲食店を応援する企画です。
画像: 静岡・葵区

静岡・葵区

 

静岡おまちバル実行委員会 松下和弘実行委員長:「オール静岡秋のバルウィークという飲み歩きのイベント。これは実は1年ぶり、飲み歩きイベントを静岡でやるのは」

 今月30日から来月8日かけて、中心市街地を飲み歩くイベント「オール静岡秋バルウィーク」。市内にある140の飲食店が参加を決めています。 さらに、商店街に賑わいを取り戻す特別な企画も予定しているといいます。

松下実行委員長:「そこにバルイベントを持ってきて、サブイベントとして何とか大道芸はじめパフォーミングアーツをやれないか、と考えてのがネットを使った配信スタイル」

 今年は静岡市の秋の風物詩「大道芸ワールドカップ」が中止になったことから、飲食店でパフォーマーの演技を楽しむ企画を用意しています。事前に撮影した動画をそれぞれの飲食店で配信します。「GoTo商店街」の助成金をパフォーマーの制作費や広告費にあてるということです。

松下実行委員長:「これを機に、静岡というのを全国的に注目してほしいというのが一番大きい。いろいろ静岡がおとなしいと言われがちだが、『そんなことないぞ』という部分でもアピールしたい」

This article is a sponsored article by
''.