新型コロナウイルスの影響で、運航を中止していた大型クルーズ客船・飛鳥Ⅱが来月から国内での運航を再開し、清水港にも寄港することが決まりました。
画像: クルーズ船受け入れ再開へ 船内で複数の感染者確認を想定した訓練も 静岡・清水港 youtu.be

クルーズ船受け入れ再開へ 船内で複数の感染者確認を想定した訓練も 静岡・清水港

youtu.be

 静岡市の田辺信宏市長は21日の会見で、来月4日に清水港へ飛鳥Ⅱが寄港することを発表しました。清水港ではその日以降、順次国内クルーズ船を受け入れていくということです。クルーズ船・飛鳥Ⅱは全長約240メートル、旅客定員が872人の日本最大の客船です。

 来月からの運航再開に向け、試験運航が始まっていて、航海中に船内で複数の新型コロナ感染者が確認されたことを想定した訓練が行われています。

This article is a sponsored article by
''.