民間の福祉施設で働く保育士が、勤務先に通う10代の少女を誘拐し、みだらな行為をしたとして逮捕されました。
画像: 静岡県警本部

静岡県警本部

 わいせつ誘拐などの疑いで逮捕された静岡県富士宮市の32歳の保育士の男は先月中旬、自らが勤務する静岡県内の福祉施設に通う少女を誘拐し、屋内でみだらな行為をしたり、その様子を動画で撮影したりした疑いが持たれています。少女にけがはありませんでした。

 警察によりますと、保育士の男は少女を自宅から施設まで送迎する際に、施設へ向かわずに連れ去ったということです。警察は保育士が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。保育士の知人が、みだらな行為の映像が記録されたSDカードを発見し、警察に通報したことから、事件が発覚しました。

This article is a sponsored article by
''.