「地方創生」など菅総理が掲げる政策に賛同する地方の知事や市長らが会を結成し、会長に浜松市の鈴木康友市長が選ばれました。
画像: 「責任重いがやりがいもある」 浜松市の鈴木康友市長が「地方創生」めざす首長の会の会長に youtu.be

「責任重いがやりがいもある」 浜松市の鈴木康友市長が「地方創生」めざす首長の会の会長に

youtu.be

浜松市の鈴木康友市長はきのう、総理官邸を訪れ、菅総理と面会しました。

浜松市 鈴木康友市長:「われわれ現場で、今の菅政権が進めようという施策を全力で具体的に取り組んでいく。同じ志をもつ首長が集まって今回の発足になりました」

 「活力ある地方を創る首長の会」は、全国の知事6人と市町村長82人が集まって結成されました。鈴木康友市長は菅総理とは20年来の付き合いがあり、きょうの会見で「責任も重いがやりがいもある」と意気込みを語りました。

This article is a sponsored article by
''.