須藤誠人アナウンサー:「きょう発売されたアイフォーン12の目玉機能である5G。ただ使用できるエリアは県内では限られているようです」
画像1: 次世代のスマホ 5G対応のiPhone12販売開始 でも…静岡県内ではほとんど5Gが使えない

 静岡市内のソフトバンクの携帯ショップでは、午前10時のオープン前から発売を待っている女性がいました。

女性:「iPhone12買いに来ました」
Q:まだ開店していないが、並ぶほど楽しみにしていた?
女性:「そうですね、ふふふ。5Gとカメラも、だいぶ良くなっているのでインスタとかするときにいい」

画像2: 次世代のスマホ 5G対応のiPhone12販売開始 でも…静岡県内ではほとんど5Gが使えない

 きょうから、アップルで初めて高速通信5Gに対応した新型スマートフォン「iPhone12」の販売が始まりました。この5G、私たちの生活スタイルを変えるくらいのスゴイ機能があるといいます。

 販売開始を心待ちにしていた女性が店から出てきました。
その手には新型アイフォーンが。

Q:受け取った感想は?
女性:「うれしい! 薄いし軽いです。ケースなくてもいいかな」

 ただ、5Gのサービスを利用できるのは、まだ都市部の一部などに限られていて、静岡県内ではごくわずかなエリアを除いて、ほとんど利用できません。

女性:「4Gですね、まだ。おいおい追いついてくるからいいかなと思ってる。動画をよく見るので、楽しみです」

 例えば、NTTドコモの場合、5Gが利用できる県内のエリアは、袋井市のエコパや伊豆市のベロドロームの周辺、静岡市では一部のドコモショップ内などに限られています。

 静岡市のドコモショップで、5G対応のiPhone12を購入した男性は…。

男性:「(今までと)違いがわかるかわからないけど、動画が止まることがあったので、それがなくなったらいい」

 富士市の店では、予約開始から5日間の予約数が、前回のシリーズを超えるペースだといいます。

TOKAIコミュニケーションズ 佐野元胤部長:「今回はiPhone12として初めての5G対応で、非常にお客様の注目も高いと感じています。昨年のiPhone11と比べても120%ほどの予約状況です」

5G対応のスマートフォンは、サムスンやグーグルなども相次いで販売を始めていて、最大のシェアを持つアップルがきょう参入したことで、5G端末の競争が激化し、サービスエリアも今後拡大していくことが見込まれます。

TOKAIコミュニケーションズ 佐野元胤部長:「まだ静岡県内では使える5Gのエリアも限られてますので、今後広まっていくとは思いますけど、一日も早く皆さんに提供できるようエリア拡大を期待しています」

 5Gの最大の特徴は、これまでにない大容量の高速通信が可能になることです。これにより、瞬時に高画質の画像を送ったり、スポーツの試合を様々な角度で楽しめたり、オンラインゲームもより鮮明でスムーズに楽しむことができたりします。

This article is a sponsored article by
''.