楽天から3位指名された富士市立高出身でENEOSの藤井聖投手(24)が、指名後、オンラインで会見に臨み、東洋大学の同期ですでにプロ入りしている上茶谷大河(横浜DeNA)、甲斐野央(ソフトバンク)、梅津晃大(中日)に負けない活躍をしたい、と意気込みを述べました。
画像: 藤井聖投手

藤井聖投手

Q. 憧れの選手、理想とする選手は
藤井 楽天の松井祐樹選手のような投手になりたいと思っています。

Q.楽天の球団に持っている印象は
藤井 投手陣は素晴らしい。またバッター陣もレベルの高い方たちがいるし、僕個人として、鈴木大地さんだったり、中学校時代の友人もいるので、とてもいい球団だなと思います。

Q.高校時代3年間、静岡県で得たものは
藤井 高校3年間では野球の前に人間として成長させていただいたという印象を持っています。寮生活をしていましたが、人間として当たり前のことを高校3年間で教わりました。

Q.ピッチャーとしての原点が高校に
藤井 小学校と中学校とずっとピッチャーやりたいという思いはありました。高校で監督にピッチャーをやらせてくださいとお願いをして、やらせてもらいました。監督にピッチャーの基本であったり、ピッチャーとしての在り方を教わりました。

Q大学4年間で得たものは
藤井 大学4年間は、すごく貴重なもので、同期にプロに行ったピッチャーが3人いたので、本当に彼らに負けたくないという思いで、4年間やってきました。負けず嫌いな気持ちだったり、そういったところが4年間で成長できたと思います。

Q.同期で先に指名されてプロ入りした3人への思いは
藤井:彼ら3人は1年目から素晴らしい結果を残しているので、この1年目から彼らに負けないような活躍をしたいなと思います。

◆藤井聖(ふじい・まさる)1996年10月3日、神奈川県海老名市生まれ。海老名フレンズ、瀬谷リトルシニアでプレーし、同シニアの先輩から誘われて、富士市立高に進学。東洋大を経て、19年にENEOS入社。176センチ、78キロ。左投左打。家族は両親と兄。

This article is a sponsored article by
''.