静岡県伊豆市の宗教法人の敷地内から土砂が流出している問題で、市は宗教法人を提訴する方針を固めました。
画像: 狩野川支流に大量の廃棄物混じりの土砂 静岡・伊豆市が撤去求め宗教法人を提訴へ youtu.be

狩野川支流に大量の廃棄物混じりの土砂 静岡・伊豆市が撤去求め宗教法人を提訴へ

youtu.be

 この問題では伊豆市大平柿木にある宗教法人「平和寺」の敷地内から廃棄物の混ざった土砂が市が管理する土地や狩野川の支流に流れ込み、市は土砂の流出を防ぐための柵を設置するなどの対応に追われていました。
 伊豆市の菊地豊市長はきのうの会見で、宗教法人を相手取り、土砂の撤去や土砂の流出による損害賠償を求めて提訴する方針を明らかにしました。

 宗教法人は「廃棄物は誰かに捨てられた」と主張しているということですが、市は土地の管理者として責任を問えるとして提訴するということです。

This article is a sponsored article by
''.