28日午後4時からJR東海の金子慎社長が名古屋で定例会見を開きました。
きのうの有機者会議の結論を「意味のあること」と評価しました。
画像: リニア有識者会議で「意味のある事」と評価 JR東海金子慎社長 静岡県 youtu.be

リニア有識者会議で「意味のある事」と評価 JR東海金子慎社長 静岡県

youtu.be

JR東海 金子慎社長:「地下水量は影響することは極めて小さいと、きのう説明して、議論いただいて、委員の方全員のコメントを求められて、結果が出たのは地域の方々にとっても大きな安心材料。一歩というか、非常に意味のある事。」

一つの節目を迎えたリニア有識者会議ですが、工事による生態系への影響など課題は山積みです。

JR東海 金子慎社長:「リニアについて学識の高いトップレベルの学者の先生方に集まっていただいている会なので、そういう場でいろんなことが議論されること自体が信頼感の源。そこで出された結論について、わかりやすく伝える工夫をしていく」

次回以降の有識者会議は、川勝知事が強く主張する湧水を全量戻す方法に関することが議論の中心になる
見通しです。
 

This article is a sponsored article by
''.