<第52回全日本大学駅伝>◇1日◇熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前(8区間106・8キロ)

 浜松日体出身で早大の太田直希(3年)が、4区(11.8キロ)で区間新の快走を見せた。1位でタスキを受け、33分23秒(速報値)で2位との差を広げた。第50回で順大の塩尻和也がマークした区間記録33分48秒を上回った。だが、後続で東海大の石原翔太郎(1年)が、33分16秒で太田の記録を上回った。
 太田は1年から同大会に出場し、今大会では3区を走った中谷雄飛(3年)とともに早大のエース格として期待されていた。

画像: 浜松日体高出身の早大3年太田直希

浜松日体高出身の早大3年太田直希

This article is a sponsored article by
''.